福岡市高宮駅前で相続、家族信託、遺言の完全無料相談

生前の相続対策

相続開始後は相続財産の調査と相続人調査が大変です
 相続人が困らないように、財産リストを作成しておき、原戸籍・除籍等は作成日は関係ありませんのでとれるものはとっておきましょう

 

生前に自分の財産の分け方を決めておくことで相続争いを和らげることが出来ます。
 遺言書の作成、死因贈与契約、家族信託、生前贈与などを利用する方法があります
 相続時精算課税制度を利用すれば、2500万円までの贈与は非課税になりますので大きな財産を生前に承継させることが出来ます

 

後々必要になることを生前に行うことも相続準備になります
 土地の整地、境界確定測量、分筆登記、未登記建物表題登記、建物区分登記などにより現 物分割、換価分割や物納に備えることが出来ます
 自宅・賃貸アパートなどのリフォーム・バリアフリー工事により遺産額を減らすことが出来ます
 不要な不動産を売却することで納税資金を確保します
 不動産購入、アパート建築をすることで現金を評価の低い不動産に代えることが出来ます
 生命保険に入ることで代償金、納税資金の準備になりますし、非課税枠利用などのメリットが あります

 

次のような場合も生前対策が必要かも

 

  • 将来の相続の争いを避けたい
  • 行方不明の相続人がいる
  • 子供がいない夫婦で遺言を作りたい
  • 配偶者が外国人である
  • 家族信託とはどの様な手続きですか
  • 認知症対策で成年後見人以外の方法はありませんか
  • 相続の前に何か対策ができないか
  • 空家となる実家の処分をどうするか相談したい 
  • 祖父名義の土地があるが名義変更はどのようにしますか
  • 2次相続の対策も教えてほしい

 

争族対策

 

不動産などの財産の名義を変更することで、遺産分割協議の対象から外れ、遺産分割協議の争いを和らげることができます。

 

生前にに名義を変更するなら贈与・信託・売買
相続開始後に名義を変更するなら遺言

 

生前贈与
贈与した財産が遺産分割協議の対象から外れますので争族対策になり、被相続人の財産

が減ることで相続税の節税対策にもよく利用されます。

 

ネックは贈与税が高額になることですが、下記のような非課税枠や非課税の特例贈与等も利用できます。

 

110万円まで非課税の暦年贈与
夫婦間で住宅取得2000万円まで非課税のおしどり贈与
2500万円まで非課税の相続時精算課税贈与
1000万円まで非課税の結婚・子育て資金一括贈与
1500万円まで非課税の教育資金一括贈与
700万円又は1200万円非課税の住宅取得資金贈与
6000万円非課税の特定障害者非課税制度
贈与税の他不動産の贈与では不動産取得税、登録免許税等もかかります
※贈与した財産が遺留分減殺請求、特別受益の持戻しの対象になる場合があります

 

 

家族信託

 

1つの信託契約で争族対策、後見制度代用、遺言代用等の機能があり、税金をあまりかけずに生前に名義を変更することができる事が受けて、近頃使われ始めています。ネックは専門資格者に依頼する場合に、費用が高額になりがちな点です。

 

※信託財産は遺産分割協議の対象から外れますが遺留分減殺請求の対象になる可能性があります

 

親族間売買

 

名義が変わる事で遺産分割協議の対象から外れ、争族対策になります。

 

ネックは売買代金の調達が必要だがローンでの金融機関の利用が難しい点
住宅ローンの利用では仲介業者が必須となり、コストがかさむ点
売買代金が低すぎれば低額譲渡として税務署への説明が必要です
親族間では自宅売却の譲渡所得税3000万円控除が使えない場合があります
※親族間売買した不動産は遺産分割協議の対象から外れます

 

 

遺言書作成

 

生前に財産の承継人を決めることができ争族対策になります。
死亡後の財産承継人を決めるので相続税対策・認知症対策にはなりません
※遺贈した財産は遺産分割協議の対象から外れますので争族対策になります

 

相続税節税対策

 

生前に自宅・賃貸アパートなどのリフォーム・バリアフリー工事により遺産額を減らすことで相続税の節税になります。

 

不動産購入、アパート建築をすることで手持ち現金を評価の低い不動産に代えることが出来ますから、相続税の節税対策になります。

 

相続税納税資金対策

 

不要な不動産を売却することで納税資金を確保します。生命保険を活用することで納税資金・代償分割資金に利用でき基礎控除額の利用で相続税を節税できます。
相続で親族間で揉めるのは、主に遺産の分け方についてです。主な遺産が不動産のような分けづらい財産の場合に揉めることが多いようです。

 

そこで生前に贈与してしまうか、家族信託を利用し名義を変更し相続財産から予め除外しておく方法があります。

 

また遺言書を生前に作成して遺産の承継人を定め、遺産分割協議の対象から除外しておくことで、相続争いを和らげることもできます。

 

但し、兄弟姉妹以外の相続人には最低限もらえる遺留分があり、また公平な遺産分割のために贈与財産の持ち戻しの決まりがありますので、本人の意思で財産の承継人を決めることは一応出来ますが、相続争いの芽を全て遺言、家族信託、生前贈与で摘むことは困難です。

 

相続税の節税対策

 

遺産の総額を減らす方法

 

生前贈与
相続税の関係では相続財産を減らす贈与は節税効果が抜群ですので、資産家の方は相続税の実効税率を考慮しつつ、どんどん贈与したほうがいいです。但し、3年以内の相続人・受遺者への贈与は相続財産に戻して相続税の計算をしますので体力が衰えてからの贈与は注意が必要です。
下記のような非課税枠や非課税の特例贈与等も利用できますが、
110万円まで非課税の暦年贈与以外は申告が必要です。


110万円まで非課税の暦年贈与

?
夫婦間で住宅取得2000万円まで非課税のおしどり贈与

?
一定の親族間で2500万円まで非課税の相続時精算課税贈与

?
1000万円まで非課税の結婚・子育て資金一括贈与

?
1500万円まで非課税の教育資金一括贈与

?
700万円又は1200万円非課税の住宅取得資金贈与

?
6000万円非課税の特定障害者非課税制度

 

※2500万円まで非課税の相続時精算課税贈与は贈与額を、相続財産に持ち戻しますので、相続税の節税効果は原則ありません。

 

生前にできる事をして資産を減らす
自宅やアパートの2500万円まで非課税の相続時精算課税贈与は贈与額を、相続財産に持ち戻しますので、相続

 

遺産の評価額を減少させる方法
現金でアパート建築、不動産購入することで評価額を下げることができる
小規模宅地の減額特例が利用できるように事前に準備する
自宅や賃貸アパートのリフォームや修繕も被相続人の費用で生前に済ませておきましょう
後々必要となる、土地の整地、境界確定測量、分筆登記、未登記建物表題登記、建物区分登記等により現物分割、換価分割や物納に備えることができ、相続税の節税にもなります
相続開始後は相続財産調査と相続人確定調査が大変な作業となりますので、生前の被相続人の費用で原戸籍・除籍謄本を取得しておきましょう
墓地・仏壇の購入も生前に被相続人の費用で行っておきましょう
生命保険に入ることで遺産総額を減少させ、非課税控除額が利用でき、納税資金・代償分割金として利用できます。
原戸籍・除籍謄本を取得しておきましょう

 

相続税の節税対策としては遺産の総額を減らす方法と遺産の評価額を減少させる方法があります。相続税の基礎控除額以内なら、相続税の申告は不要です。

page top